本文へ移動

粕谷図書館をもっと知りたい

施設ページへ戻る

粕谷図書館の特色あるコーナーについて

世田谷区立図書館では、各図書館ごとに地域の特徴を生かした特色ある資料収集や情報発信に取り組み、世田谷の魅力を広く周知することとしています。

徳冨(とくとみ)蘆花(ろか)という文豪を知っていますか。徳冨蘆花は、明治期のベストセラー作家です。晩年、農業をしながら作家活動をするため、現在の蘆花恒春園がある世田谷区粕谷に夫人と共に移り住みました。粕谷図書館では特色ある地域の図書館として「徳冨蘆花コーナー」を設置しています。(平成29年9月から一箇所増設)

また、このエリアの特色として大きな公園が二つあります。徳冨蘆花の住居跡地を利用した都立芦花公園と上祖師谷にある都立祖師谷公園です。管内に大きな公園が二つもあるのは大変珍しいことです。芦花公園には「花の丘」があり、「春の高遠コヒガンザクラ」、「菜の花」の風景は素敵です。夏にはセミの羽化、カラスウリの花の探検もあり「花と虫のコーナー」を地域の特性として設置しています。

両コーナーとも関係資料を多数展示し、大人にも子どもにも人気のあるコーナーとなっています。是非粕谷図書館へご来館ください。

2018年12月より「国際理解コーナー」を設置しました。(スポーツで広がる国際理解、オリンピック・パラリンピック・・・食生活/世界の暮らしや文化/コミュニケーション/おもてなしetc・・・を集めました。)

「徳冨蘆花コーナー」の資料一覧

「花と虫のコーナー」の資料一覧

「国際理解コーナー」の資料一覧

徳冨蘆花コーナー1   徳冨蘆花コーナー2 (平成29年9月より増設)   花と虫のコーナー   kasuya-mottosiritai12.jpg