本文へ移動

奥沢図書館をもっと知りたい

施設ページへ戻る

奥沢図書館の特色あるコーナーについて

世田谷区立図書館では、各図書館ごとに地域の特徴を生かした特色ある資料収集や情報発信に取り組み、世田谷の魅力を広く周知することとしています。

奥沢図書館では奥沢地域コーナーを設け、地域の歴史に関することや、宮本三郎記念美術館に関連する本など、奥沢にゆかりのある資料の収集を行っています。また人気の街、自由が丘に近いことから、自由が丘関係の情報誌等も用意しています。

「奥沢歴史と情報コーナー」の資料一覧

奥沢図書館宣言

暮らしの“困った”にしっかり応えます

奥沢図書館は、必要な人に必要な情報が行き渡ることが最も意味のあることと考え、生活の中で使える図書館に変化します。
このようなコンセプトの下、今、こんなことに取り組んでいます。

  1. 認知症200万人時代といわれる中、認知症をテーマとした様々な角度からの資料を重点的に収集すると共に、ブックリストを作成し、奥沢地区社協、あんしんすこやかセンターや民生委員協議会のご協力を得ながら、地域での様々な活動拠点や一部の医療機関などに提供しています。
    認知症を知るためのブックリスト 2019(PDF形式:61KB)
  2. 育児の悩みにこたえ、忙しい子育ての合い間で気持ちが楽になるヒントをもらえる本を収集するとともに、ブックリストを作成し、保育園や児童館・地域の子育てサロンなどに提供しています
    子育て支援コーナーブックリスト2019(PDF形式:248KB)
  3. 保育園や幼稚園・児童館などで子育ての支援に携わる人に向けた、支援者自身の疑問や不安に応える本、子どもと関わり触れ合う上で保護者への援助の参考としていただける本、などを計画的に購入し、ブックリストを作成し、広く提供しています。
    子育て支援に携わる人のためのブックリスト2019(PDF形式:68KB)
  4. 地域の読み聞かせのボランティアを担っていただける方々を、子どもたちが通い、集まる保育園など公立、民間施設などに紹介しています。
    現在は、子育てや認知症などをめぐる取り組みですが、今後、健康や仕事など生活の上の様々な「課題」を幅広く取り上げた取り組みを進めて行きたいと考えています。

<活動例>
「東玉川町会会館で月1回開かれる”ひがたまカフェ”図書館の大活字本などを利用いただいてます」

ひがたまカフェ写真1  ひがたまカフェ写真2

ひがたまカフェ写真3

平成30年度奥沢図書館経営基本方針(PDF形式:34KB)