本文へ移動

平和を考える

作成日:2022年8月1日

中央図書館 子どもコーナー(とくしゅう)〔児童〕

8月15日は、終戦記念日です。
今回は、子どもたちにぜひ読んで欲しい、戦争と平和についての本を集めました。
本を通して、77年前にどんなことが起きていたのか、
また、現在も世界で起こっていることを知り、考えるきっかけになればと思います。

heiwawokangaeru.jpg

テーマの中から1冊紹介します。

sagasiteimasu.jpg

『さがしています』アーサー・ビナード作 岡倉禎志写真(童心社)

  昭和20年(1945年)の8月6日、広島に原子爆弾が落とされました。たくさんの命が失われた後には、時計・軍手・弁当箱などのたくさんの「もの」たちが残されました。この本では、広島の平和記念資料館におさめられている「もの」たちが、当時のようすをを語ります。いなくなってしまった人々や失われた思いを、「もの」たちはさがしつづけています。

展示期間:〜8月24日(水曜日)

平和を考える の本はこちら

*こんなとくしゅう、あんなとくしゅう、ぼしゅうちゅう!!です。「しらべもの」の本棚の上に箱がありますので、おもいついたとくしゅうを書いて入れてくださいね。お待ちしています。

このページについてのお問い合わせ先

中央図書館
電話番号 03-3429-1811 ファクシミリ 03-3429-7436