本文へ移動

2022年7月〜12月

これまでにおすすめした本

下の年月は図書館でその本をしょうかいした年月です。本がしゅっぱんされた年月ではありません。

9月

鳥博士と天才カラス
3 karasu.jpg 樋口広芳 作 
おおたぐろまり 絵 
 
文一総合出版

樋口さんは鳥博士。色々な鳥のことを詳しく調べて伝えるのが仕事です。ある時、博士は水道の栓を自分で回して水を飲むカラスがいることを知ります。博士は、そのカラスがいる公園に通って観察を続けたところ、人が水を飲んでいるのを見て、真似をしようと、工夫を重ねて出来るようになったことが明らかになります。また、鳥全体の習性についても学ぶことが出来る興味深い本です。

はじめましてのダンネバード
3 hajimemasite.jpg 工藤純子 作 
マコカワイ 絵 
 
くもん出版

4年生の蒼太のクラスに転校してきたのは、ネパール人のエリサです。ところがエリサは、なかなか周囲に心を開いてくれません。更に蒼太の幼馴染、ゆうりとのトラブルで不登校になってしまいます。しかし、「弟子入り体験」の授業で蒼太が選んだ店は、偶然にもエリサの父親が経営するレストランでした。エリサの優しさを知った蒼太は、相手の立場に立って考える大切さに気づき、出来ることから始めて行きます。

森のささやきの標本室
3 morino.jpg たなか鮎子 著 
 
エイアンドエフ

図書館で本を読んでいるうちに、本当の森の中へ迷いこんだリリ。弟を探している小さな女の子と一緒に、霧に包まれた森へと入っていきました。鳥の鳴き声、キツツキが木をつつく音、小川のせせらぎの音など、「森の音」が吸い込まれていく先には、霧の精フォッグ氏の家がありました。二人は家の中で、音のない静寂な森で暮らすフォッグ氏の秘密を知ります。様々な森の音への想像が広がる絵本です。

8月

おもちゃ屋のねこ
3.omochaya.jpg リンダ・ニューベリー 作
田中薫子 訳
くらはしれい 絵
徳間書店

ハティは、大おじさんのおもちゃ屋のショーウィンドウの中に、どこから来たのかわからない猫が眠っているのを見つけました。ハティはその猫をクルリンと名付けます。クルリンがお店にいた時は、おもちゃがよく売れましたが、クルリンがハティの家にもらわれて行くと、おもちゃが売れなくなってしまいました。そこで、ハティはある決心をします。人々がお互いを思いやる気持ちが伝わってくるお話です。

世界の市場−おいしい!たのしい!24のまちでお買いもの−
3.sekaino.jpg マリヤ・バーハレワ 文
アンナ・デスニツカヤ 絵
岡根谷実里 訳
河出書房新社

世界12か国24都市の市場を、旅しているような気分で味わえる絵本です。市場の全体の様子や、店員さんとお客さんが品物を売り買いする所が描かれ、今にも活気ある賑わいの声や物音が聞こえてきそうです。市場の見どころや、各国の家庭料理のレシピも付いて、隅々まで見ていたくなります。

7月

病院図書館の青と空
3_byouintoshokan.jpg 令丈ヒロ子 著 
 
講談社

父の仕事の都合で転校した、小五の空花(そらは)。ところが、転校早々入院することになります。入院した病院には図書館があり、読書が好きな空花がそこで本を読んでいると、なぜかジンジャークッキーの匂いがしてきました。そして本の中から“アオ”という子が現れ、本の中に引っぱられます。本の中の世界でアオと楽しく遊んでいた空花ですが、けんかをきっかけに、アオの正体や彼女への思いについて考えはじめます。

ひみつの地下図書館 1−クモの巣で大騒ぎ?!−
3_himitunochika.jpg アビー・ロングスタッフ 作 
代田亜香子 訳 
坂口友佳子 絵 
 
ほるぷ出版

タリーはモレット館(やかた)という大きなお屋敷で暮らしている10歳の女の子。2歳の時、ママが行方不明になり泣いているところを拾われ、それ以来使用人として働いています。ある日、タリーは館に入った泥棒の手がかりを探すうちに、地下図書館に迷い込んでしまいました。そこは、なんと魔法の本が並ぶ秘密の図書館だったのです。本当にこのような図書館があったらと思える、楽しい仕掛けにあふれる物語です。

きみの地球を守って−むだをなくしてゴミをへらすための楽しいガイドブック−
3_kiminochikyuo.jpg フィリップ・バンティング 著 
さかいあきふみ やく 
 
光文社

環境汚染について考えるとき、私達がすぐに行動できることとは何でしょうか。それは、ゴミを減らすことです。では、ゴミとはどのようなものなのでしょうか。どうして、ゴミがあってはいけないのでしょうか。鮮やかでシンプルなイラストとわかりやすい文章の解説の中に、私達の生活とゴミが切り離せない理由が書かれています。