本文へ移動

2023年1月〜3月

これまでにおすすめした本

下の年月は図書館でその本をしょうかいした年月です。本がしゅっぱんされた年月ではありません。

1月

チキカングー
1_chikikan.jpg 樋勝朋巳 作
 
こぐま社

「チキカーン チキカーン チキカーン グー」犬が不思議な言葉とリズムに乗って歩いていくと、出会った猫も、お芋も、大人の人も、身体を揺らしながら一緒に歩いていきます。泣いていた男の子も、みんなに誘ってもらい、一緒に歩いていくうち、笑顔になって家に帰れます。読むと、思わず身体を動かしたくなる絵本です。

コールテンくんのポケット
1_corten.jpg ドン・フリーマン 作
木坂涼 訳 
 
好学社

リサは大好きなぬいぐるみ、くまのコールテンくんをつれて、お母さんと一緒にランドリーへ行きました。洗濯をする前に、洋服のポケットに物が入っていないか確かめているリサを見て、コールテンくんは、自分のズボンにポケットがないことに気がつきます。そして、ポケットになりそうな物を探しているうちに、リサとはぐれてしまいました。好奇心いっぱいのコールテンくんの、思わぬ行動が始まります。

どんぐりころころむし
1_donguri.jpg 澤口たまみ ぶん
たしろちさと え 
 
福音館書店

秋、林の中には沢山のどんぐりが落ちています。男の子は、茶色や緑色のどんぐりをポケットにいっぱいつめこんで、大切に瓶の中にしまっておきました。全部茶色になってしまったどんぐりを、瓶から出してよーく見ると、どんぐりの穴から虫たちが出てきます。どんぐりの穴や虫の様子がリアルに描かれ、“どんぐりころころむし”に対する男の子のやさしさも伝わってきます。

1.budou.jpg阿部結 作