本文へ移動

2022年1月〜6月

これまでにおすすめした本

下の年月は図書館でその本をしょうかいした年月です。本がしゅっぱんされた年月ではありません。

1月

ドングリのあなどうしてあいたの?−これ、だれのせい?虫のしわざ14−
1don.jpg 箕輪義隆 え
かんちくたかこ ぶん
文一総合出版社

ドングリにあいた穴は誰のしわざ?わたしたちの身近にひそむ虫たちの“しわざ”をわかりやすく紹介します。虫好きでなくても、その生存戦略に驚かされ、大いに好奇心をそそられる知識絵本です。知れば知るほど、虫たちの豊かな知恵、そして想像を超えた自然の営みに感動します。

ひよこはにげます
1hiyo.jpg 五味太郎 作
福音館書店

おうちを飛び出し、元気よく逃げるひよこたち。家の外の広い世界を逃げ続けて、たどり着くのはどこでしょうか。逃げるひよこの姿が愛らしく、繰り返す言葉のリズムが心地よい絵本です。

じゅんばんなんてきにしない
1jun.jpg テリー・ミルン 作
いしいむつみ 訳 
BL出版社

 犬のチャーリーは、毎日同じ行動を順番どおりに行います。そうしないとひどいことが起こるのではないかと不安だからです。でも、ある朝、動けなくなった友達を助けに行ったため、いつもどおりの行動ができませんでした。さて、その日は恐ろしいことが起きたでしょうか。いつもと変わってしまうことの怖さを乗り越えた小さな犬のお話です。