本文へ移動

「第12回世田谷区子ども読書活動推進フォーラム子どもの読書とメディア第2弾『メディアリテラシーを考える』」の報告誌を作成しました

第12回世田谷区子ども読書活動推進フォーラム
子どもの読書とメディア第2弾「メディアリテラシーを考える」

  平成30年2月24日(土曜日)教育センター(中央図書館)3階「ぎんが」にて第12回世田谷区子ども読書活動推進フォーラムを開催しました。約40名の方に参加していただきました。

 第1部 講演会「メディアリテラシーを考える」 講師:後藤武士氏(教育評論家)  

 後藤先生ご自身の幼少時代の活字経験のお話や、テレビ・ラジオ・新聞・活字というそれぞれのメディアの特徴と向き合い方についてなど、メディアリテラシーについてわかりやすく楽しく講演していただきました。 

第2部 区立小学校における取り組み 報告:来山憲(世田谷区教育委員会教育指導課指導主事)

 区立小学校で実際に行われている取り組みについて報告をいただきました。

 第3部 質疑応答・意見交換

 参加者の方の疑問点を後藤先生・来山指導主事にお答えいただきました。子どもたちに読書に親しんでもらうために良い方法はあるか、インターネットの情報を子どもが疑わないがどうしたらいいか、などの質問がありました。

 アンケートでは、「参加して良かったと思えるフォーラムでした。」「子どもが区立小に通っているため、有意義でした。」などの感想をいただきました。

 今回のフォーラムの詳しい内容については、世田谷区立図書館で所蔵している報告誌をご覧ください。

 第12回世田谷区子ども読書活動推進フォーラムの報告(資料詳細へリンク)

 都合により、報告誌のホームページへの掲載は致しません。