本文へ移動

「第11回世田谷区子ども読書活動推進フォーラム 〜子どもの読書とメディア〜」の報告誌を作成しました

平成29年2月11日(土曜日・祝日)に「第11回子ども読書活動推進フォーラム〜子どもの読書とメディア〜」を開催しました。参加者数は37名でした。

今回は、スマートフォンをはじめとしたソーシャルメディアが、子どもの身体や読書活動にどのような影響を与えているのかをテーマに3部構成で行いました。

第1部では、NPO法人「子どもとメディア」代表理事清川輝基氏による「子どもの読書とメディア〜スマホ社会の落し穴、悪魔は誕生日にやってくる〜」というテーマの講演でした。スマートフォンをはじめとしたソーシャルメディアが、どのような影響を子どもたちに与えているのかを教えていただきました。

第2部の現状報告では、池尻保育園園長の伊藤美智子氏から、池尻保育園が行っている行事や園での生活等についてお話いただきました。子どもたちにとって、目と目を見て接することが大事であり、そういったことを保育園では大切にしていることを伝えていていただきました。

第3部は質疑応答の時間で、参加者からたくさん手があがりました。

詳しくは、添付の報告誌をご覧下さい。報告誌は世田谷区内の図書館にも所蔵しています。

第11回子ども読書活動推進フォーラムの報告(PDF形式:875KB)