資料詳細


【書誌情報】


書名 草萌ゆる−山頭火一草庵時代の句−
著者名 種田山頭火著 まつやま山頭火倶楽部編
著者 種田 山頭火/タネダ,サントウカ  まつやま山頭火倶楽部/マツヤマ サントウカ クラブ 
出版社 松山 創風社出版
出版年月 2019.10
価格 1500円
ページ数 196p
大きさ 19cm
ISBN 9784860372835
NDC10 911.368
NDC9 911.368
NDC8 911.368
注記 山頭火年譜:p193
抄録 山頭火が一切のものを捨ていのちをかけた句作道。一浴一杯を友として、ただ俳句を作り…。子規の故郷・松山で往生をとげた山頭火の没後80年を期に編まれた一草庵時代の句集。遺稿「愚を守る」なども収録する。
著者紹介 〈種田山頭火〉1882〜1940年。山口県生まれ。早稲田大学文学科退学。俳人。報恩寺で参禅の道へ。出家得度。僧名「耕畝」。句会「柿の会」を結成。著書に「草木塔」「雑草風景」「柿の葉」など。
資料形態 図書
言語 日本語
マークNo. 19047221
書誌番号 006102853

【所蔵情報】

現時刻のデータとは違う場合があります。
所蔵数:2冊 貸出数:0冊 予約数:0件
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
5020162946 中央   9113.6 たさ [文学]に在庫しています。
1015286832 深沢   911.3 [日本文学]に在庫しています。

資料一覧へ戻る