資料詳細


【書誌情報】


書名 日本人にとってエルサレムとは何か−聖地巡礼の近現代史−
著者名 臼杵陽著
著者 臼杵 陽/ウスキ,アキラ 
出版社 京都 ミネルヴァ書房
出版年月 2019.10
価格 3200円
ページ数 8,392,12p
大きさ 20cm
シリーズ名 叢書・知を究める 16
ISBN 9784623085583
件名 イスラエル−紀行・案内記 パレスチナ−紀行・案内記 イスラエル−歴史 パレスチナ−歴史
NDC10 292.79
NDC9 292.79
NDC8 292.85
注記 文献:p383〜388
抄録 日本人にとって聖地エルサレムとは何か。もっと広く、パレスチナとは何か。明治末〜昭和期の日本人の聖地体験を、著者のエルサレムでの生活と比較しつつ考察する。日本人ムスリムのエルサレム論も取り上げる。
著者紹介 〈臼杵陽〉1956年大分県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程国際関係論専攻単位取得満期退学。京都大学博士(地域研究)。日本女子大学文学部史学科教授。著書に「イスラエル」など。
資料形態 図書
言語 日本語
マークNo. 19045918
書誌番号 006100864

【所蔵情報】

現時刻のデータとは違う場合があります。
所蔵数:2冊 貸出数:0冊 予約数:0件
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
0413984386   292.7 [歴史・地理]に在庫しています。
1412333872 粕谷   292.7 [蘆花コーナー]に在庫しています。

資料一覧へ戻る