資料詳細


【書誌情報】


書名 わたしのクマ研究
著者名 小池伸介著
著者 小池 伸介/コイケ,シンスケ 
出版社 東京 さ・え・ら書房
出版年月 2017.8
価格 1300円
ページ数 127p
大きさ 20cm
ISBN 9784378039190
件名 くま(熊)
NDC10 489.57
NDC9 489.57
NDC8 489.57
内容 第一章 クマ研究 事始め ◆きっかけ ◆わたしとクマとの出会い ◆世界のクマ ◆ツキノワグマという動物 ◆初めてのクマ調査 ◆糞を採集する日々 ◆糞を分析して見えてきたクマの食生活 第二章 足尾の山でのクマ研究 ◆新たなプロジェクト、新たな調査地、足尾の山 ◆クマにとってのドングリ ◆毎年同じようには存在しないドングリ ◆クマの行動を追跡する方法 ◆クマの捕獲が始まる ◆ドングリの量のはかり方 ◆広く大きく動くクマ ◆ドングリへの強いこだわり ◆ドングリの凶作が意味すること 第三章 クマの食べ物の種類 ◆旬の食べ物・葉っぱ ◆石をひっくり返すクマ ◆蛹を求めて ◆みんな同じものを食べているわけではない ◆はたして、クマによって食べ物は異なるのか 第四章 クマハギ ◆クマハギとは? ◆林業とクマハギ ◆クマハギはいつ、どこで発生する? 第五章 これからのクマ研究 ◆新しい研究アプローチの試み ◆ロシア沿海州でのクマ調査 ◆日本のクマの今 あとがき
抄録 ツキノワグマが樹木の皮をはぐのはなぜ? どうしてドングリにこだわるのか? ツキノワグマの生態調査・研究を、食物や森などいろいろな角度から、わかりやすく紹介。正しいクマの姿を伝える。
抄録 ツキノワグマは、木の葉っぱや果実、昆虫、シカの死体など、いろんなものを食べている。もっとも大切な食物はドングリで、ドングリが凶作の年には遠く離れたところまで食物をさがしにでかける…。20年弱にわたりクマの生態調査・研究を行っている著者が、「食」を通してクマに近づく。
著者紹介 〈小池伸介〉1979年名古屋市生まれ。東京農工大学大学院連合農学研究科修了。同大学大学院農学研究院准教授。博士(農学)。専門は森林生態学、動物生態学。著書に「クマが樹に登ると」等。
資料形態 図書
言語 日本語
マークNo. 17036453
書誌番号 005841874

【所蔵情報】

現時刻のデータとは違う場合があります。
所蔵数:5冊 貸出数:0冊 予約数:0件
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
5018597459 中央   J48 緑 [りか]に在庫しています。
0615013836 玉川台   J48 赤 [しらべもの]に在庫しています。
0813393113 烏山   J48 [いきもの・からだ・かんきょう]に在庫しています。
1212610081 上北沢   J48 緑桃 [りか・さんすう]に在庫しています。
1911219580 経堂   J48 緑(茶) [しらべもの]に在庫しています。

資料一覧へ戻る