資料詳細


【書誌情報】


書名 種田山頭火−うしろすがたのしぐれてゆくか−
著者名 村上護著
著者 村上 護/ムラカミ,マモル 
出版社 京都 ミネルヴァ書房
出版年月 2006.9
価格 2800円
ページ数 15,470,4p
大きさ 20cm
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
ISBN 4-623-04720-2
件名 種田 山頭火
NDC10 911.362
NDC9 911.362
NDC8 911.36
注記 文献:p453〜457 種田山頭火略年譜:p461〜470
抄録 生涯を漂泊行乞の旅に生きた、俳人山頭火。破天荒な一俳人の澄んだ声は、いまなお、われわれの心を揺り動かす−。山頭火の日記や彼を知る人からの証言をもとに、山頭火の足跡とその内面を描き出す。
著者紹介 〈村上護〉1941年愛媛県生まれ。作家・評論家。72年に評伝「放浪の俳人山頭火」でデビュー。異端の人物伝や俳句評論が多い。ほかの著書に「風の馬」「放哉評伝」など。
資料形態 図書
言語 日本語
マークNo. 06044160
書誌番号 004314955

【所蔵情報】

現時刻のデータとは違う場合があります。
所蔵数:1冊 貸出数:0冊 予約数:0件
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
5016092107 中央   9113.6 たさ [文学]に在庫しています。

資料一覧へ戻る