図書館からのご案内
こどものとしょかん
利用案内
よくある質問
体の不自由な方へ
図書館の計画等
資料の検索
資料検索
新着図書
ベストリーダー
ヤングアダルトのベストリーダー
ベストオーダー
その他のメニュー
利用者状況確認
パスワード
リンク
図書館利用案内
HOME > 図書館利用案内
このページの本文はここからです
目次
共通利用カード
有効期限と更新について
貸出し
借りる時は
返す時は
資料を探す時は
資料を予約する時は
パスワードの登録
レファレンス
障害者サービス
子どもサービス
団体貸出
インターネット閲覧サービス
公衆無線LANサービス
国会図書館デジタル化資料の利用
コピーサービス
利用者の秘密の保護
利用のマナー
区立図書館案内 団体貸出センター案内
共通利用カード

 共通利用カードは、世田谷区立図書館の全館、地域図書室、および図書館カウンターで使用できます。
 共通利用カードの発行には、氏名・住所が確認できるものが必要になります。ただし、小学生以下は不要です。(例)運転免許証・健康保険証・学生証など。
 有効期限が切れた後や、長期間利用がなかった場合は、再登録が必要となることがあります。
 また、カードは人に貸したり、譲ったりしないでください。

有効期限と更新について

・共通利用カードには有効期限が設定されており、失効すると貸出・予約などができなくなります。
・有効期限の更新は、区立図書館・地域図書室・図書館カウンターで行えます。ご自身の共通利用カードと、氏名および現在の住所が確認できる資料をお持ちになり、カウンターでお申し出ください。住所・氏名に変更があった場合はあわせて変更届を作成してください。
・有効期限の確認は、カウンターや電話等で職員にお訊ねください。パスワード登録をしている方は図書館ホームページの「利用者状況確認」で表示されます。

貸出し

・図書・雑誌は全館合計で15冊まで、CD・カセットは全館合計で6点まで借りられます。
・貸出期間は2週間です。
・貸出の延長は、予約待ちの方がいない場合、1回に限り可能です。
・延長期間は2週間で、返却期限の3日前から当日まで受け付けます。返却期限日を過ぎると延長はできません。
・館内のみでご利用いただける本並びに貸出し開始日前の最新号の雑誌は、図書館の閉館時間30分前から、翌開館後30分までにお返しいただくことを条件に、貸出し(一夜貸し)することができます。

借りる時は
 お借りになる図書・CD等の資料に共通利用カードを添えて貸出カウンターへお持ちください。
 館外へ持ち出す時は、必ず貸出手続きを済ませてください。
 なお、貸出の際に返却期限の入った資料貸出票をお渡ししますので、紛失しないようご注意ください。
返す時は
【図書・雑誌】
 世田谷区立のどちらの図書館でも返却することができます。
 開館中は返却カウンターに、閉館中はブックポストにお返しください。
 なお、都立図書館等、世田谷区立図書館以外の図書・雑誌や、一夜貸資料(雑誌最新号・館内本)、等は必ず借りた図書館、図書室へお返しください。

【CD・カセット・破損しやすい資料等】
 開館時間内に直接返却カウンターにお返しください。その際、破損等中身の確認をさせていただきます。

 返却が遅れると、ほかの方が資料を手にすることができないだけでなく、督促など本来必要としない別の費用負担が発生します。資料は期限までにお返しください。
 貸出資料の返却が遅れた場合には、新たな予約・貸出を停止させていただく場合があります。

 また、紛失・破損等された時は、原則として同じものを現物で返却していただきますので、取り扱いには十分ご注意ください。

資料を探す時は
【館内の利用者用検索機で】
 画面に触れるだけで簡単に操作できます。操作方法が分からない時、お探しの資料が見つからない時は、お気軽にカウンター職員におたずねください。

【図書館のホームページで】
 世田谷区立図書館で所蔵している資料を検索することができます。
携帯電話での検索もできます。

自動ツールなどによる大量の情報検索は、アクセスの遅滞を招き、他の利用者の迷惑になるのでおやめください。
(発見した場合、アクセスを切断する場合があります。)


資料を予約する時は
 利用したい資料が貸出中などの場合は、予約ができます。

【予約申込書】
 氏名、住所、電話番号、共通利用カードの番号を記入し、利用者検索機で印刷した資料確認票を添えて、カウンターにお持ちください。

【利用者用検索機や図書館ホームページ】
 共通利用カードの番号とパスワードを入力すると、図書・雑誌・CD等の予約申込ができます。また、貸出・予約状況の確認、巻数順予約、受取館変更等ができます。
詳しくは「よくある質問−予約」のページをご覧下さい。

*利用者用検索機や図書館ホームページで検索できない資料、区立図書館で所蔵していない資料等を予約される場合は、予約申込書に書名、著者名等をできるだけ詳しく記入の上、カウンターにお持ちください
(なお、このサービスは世田谷区在住の方に限らせていただきます)

注意
・予約できるのは、現在予約中のものを含めて、
 図書雑誌は、全館合計 15冊まで、
 音響資料は、全館合計 6点までです。
・CDの予約は世田谷区立図書館所蔵のものに限られます。

・カセットの予約は、その資料を所蔵している図書館のみで受け付けます。

パスワードの登録
 利用者用検索機や図書館ホームページで、貸出・予約状況の確認、図書・雑誌・CD等の予約申込・予約取消などをするには、パスワードの登録が必要です。
 図書館の登録カウンターで、ご本人がお申込みください。
 登録の際には、共通利用カードと、運転免許証や健康保険証など、本人確認できるものが必要です。
 パスワードを人に教えたり、他人の目に触れることのないよう、ご注意ください。職員が皆様のパスワードをおたずねすることはありません。
レファレンス
 調べもののお手伝いをします。お気軽にカウンター職員にご相談ください。
障害者サービス
 視力障害などで図書館の利用に不自由がある区民の方へ、対面朗読や録音図書の貸出、自宅配本等のサービスを行っています。
 詳しくはハンディキャップサービスのページをご覧下さい。
子どもサービス
 絵本や紙芝居のほか、調べものの本などたくさんの本をそろえています。また、おはなし会などの行事を行っています。開催日時、内容等は、各図書館の行事案内をご覧ください。
団体貸出
 読書サークルや地域文庫、事業所などの団体を対象に、図書や紙芝居を、200冊まで、3ヶ月間貸し出しています(団体貸出センターは児童書のみは1年以内)。
 詳しくは、カウンター職員または団体貸出センター(電話 3429―1811)までおたずねください。
インターネット閲覧サービス
 中央図書館、経堂図書館では、それぞれ専用端末機5台を設置し、インターネット閲覧サービスを行っています。
中央図書館ITルーム:
申込順、1回の利用時間50分
経堂図書館インターネット閲覧用端末機コーナー:
申込順、1回の利用時間50分
 また、各端末機では以下の商用データベースが無料でご利用いただけます。
中央図書館
1号機:官報情報検索サービス
2号機:判例秘書BASIC(日本法令情報サービス)
3号機:聞蔵2(朝日新聞記事検索)
4号機:マガジンプラス(雑誌・論文見出しデータベース)
経堂図書館
・聞蔵2(朝日新聞記事検索)
・官報情報検索サービス
・判例秘書BASIC(日本法令情報サービス)
・日経テレコン21(日経新聞関連記事検索)
・ヨミダス文書館(読売新聞記事検索)【ヨミダス文書館のみ、1号機固定です】
公衆無線LANサービス
 中央図書館の1階・地下1階に、NTTドコモ、ソフトバンク、auのWifiスポットを設置しました。ご自身で機器をお持ちいただき、利用エリア内でご利用いただけます。
 図書館の静粛な読書環境を侵さないよう、ルール・マナーを守ってご使用ください。詳しくはカウンターにお問い合わせください。
中央図書館で国立国会図書館のデジタル化資料が利用できます
 国立国会図書館の『図書館向けデジタル化資料送信サービス』が中央図書館で利用できるようになりました。
 これはデジタル化された国立国会図書館の資料のうち、絶版等の理由で入手困難な資料を公立図書館等に送信し、各 図書館で利用できるようにするサービスで、現在約135万点の資料が閲覧・複写※できます。
 また、国立国会図書館がインターネットで公開しているデジタル化資料約47万点についても閲覧・複写※ができます。

 ※閲覧のみで複写できない資料もあります。また、複写は著作権法の範囲内でのみ行えます。
 ※資料数は平成26年1月時点のものです。
 ※国立国会図書館デジタルコレクション(http://dl.ndl.go.jp)で対象資料が確認できます。

◆利用方法
 ・ご自身の共通利用カード(有効期限内)を持参し、中央図書館地下一階カウンターでお申込みください。
 ・閲覧は入れ替え制で時間は50分です。閲覧用端末は1台のため、お待ちいただく場合があります。
 ・複写はお申込み後に、著作権判断のうえ職員が複写します。なお窓口以外ではお申込み・お渡しはできません。
 ・複写料金は1枚10円(A4白黒片面)です。混雑時、複写枚数が多い場合など、お渡しの時間を指定(翌日以降)する場合があります。
コピーサービス
 図書館資料に限り、1枚10円でコピーできます。著作権法の制限内でご利用ください。
 ※中央図書館にはカラーコピー(サイズにより1枚50円、80円)もあります。
 ※図書室、および図書館カウンターでは行っておりません。
利用者の秘密の保護
 世田谷区の条例に基づき、利用登録者の情報は他の個人情報と結び付けずに管理しています。また、この情報については、個人のプライバシーとして保護されていますので、外部に公開されることはありません。
利用のマナー
 ご利用にあたっては、ほかの方の迷惑とならないよう、ルールやマナーをお守りください。館内での飲食や、電卓・ワープロ・パソコン(一部の図書館を除く)・ヘッドホンステレオ等の使用はご遠慮ください。携帯電話はマナーモードでお願いいたします。
 また、図書館の資料は、区民の皆さんの大切な財産です。資料への書込みや切取り等は、絶対にしないでください。




ひとつ前にもどる ページのトップへ
Setagaya Municipal Library 2002. All Rights reserved.
あなたは 1 7 8 4 8 9 6 番目のお客様です。
英語版 世田谷区ホームページ 携帯電話版はこちら HOMEへ